地球を駆け巡る♪ 002 「丘を越えると突然の... !!!」
by: 大宮 淳

NZflag.jpg

これは自転車でニュージーランド1周の旅をしていたときの出来事。
ご存知ですかニュージーランド(NZ)?
 
 
NZsheep02.jpgNZはオーストラリアの東隣りにある英連邦の国。
国土は日本の約70%の大きさで北島と南島で構成され、主に欧州系移民と先住民のマオリ族(1000年位前にカヌーでハワイから来た民族)が暮らしています。

NZ国土のほとんどは開拓され牧草地に、NZ人口(400万人)よりも羊の数のほうが多い農業国。開拓からのがれた地には原生林が生い茂り2~3mもある巨大なシダ植物が恐竜の生きていた時代を連想させます。
また、様々なアクティビティが楽しめるアウトドア王国でもあります。

ちっと脱線しましたが話を元に戻します。


NZroad05.jpg毎日、どこまでもどこまでも続く牧草地の中を果てしなく続く一本道、日に何度か小さな集落を通過するとき以外に目にするものは、天高く青々と澄んだ空、時おり現れる絵具で水色に塗ったような海や川、そして、お決まりの羊の群れ。

この日は北島のコロマンデル半島を通過。小さな丘が連続し上っては下り上っては下りを繰り返していたとき...、
 
突然、サイレンの爆音が!!! 

......!

そのとき、丘を下る私の視界には1台のパトカーと5人の武装警官!!!

1人がライフル!

2人がショットガン!

残りの2人はマグナムと9mmオートマチック!

全ての銃口は真っ直ぐ私に!!!

......!!


...ゆっくりと... 片手を上げ.....

...上げた片手を... ゆっくりと... ゆっくりとサングラスへ...
 
突然、バッキューン!!!!! 
 とならないように、ゆっくりと、ゆっくりと、サングラスを外すと...

警官の銃口が!!!
 ゆっくり下がり... 満面の笑顔で見送ってくれました!?

ふ~~~  映画の1シーンのような光景が自分の身に、マジで死ぬかと思いました。

後で知ったのですが、実はこのとき3人の脱獄犯が逃亡しており、このエリア一帯で捜索が行われていたとか、あとで立ち寄った集落では大変な騒ぎ!逃亡犯は無事お縄になりましたが、ここは「日本ではない」と実感。その後は、いつもののどかな時が流れに戻りました。こういった体験も旅の楽しみの1つですね♪
 
↓ 難を逃れて一息ついているところ

NZtouringback01.jpg

 2011/12/01  大宮 淳.  (国際ツーリングアドバイザー)

前の記事へ

次の記事へ